NEWS



2019.3.29

アニメ『からくりサーカス』最終クールOPテーマを再びロザリーナが書き下ろし決定!





"伝説の名作"「からくりサーカス」のTVアニメ最終クール(4月~放送)でオープニング・テーマに書下ろし曲「Over me」が起用されることが決定しました。

今回の「Over me」は、作品の主人公である加藤鳴海、才賀勝、しろがねの三者はもちろん、作品に登場するほとんどのキャラクターに共通する、"受け止めきれないほど過酷であったり理不尽な運命に対して、押しつぶされそうになりながらも、一歩でも前に進もうとする様"を描いた楽曲となっており、まさに作品全体の精神性を象徴するような楽曲。

タイトルの「Over me」は、本来英語の慣用句としては存在しない、"もういっぱいいっぱい""限界"という意味と"何かを超える""自分を超える"という意味を掛け合わせた造語となっている。


本人コメント
-----------------------------------
まさかまた"からくりサーカス"の曲を作れるとは! 私はいつも一人で考えた曲を形にして、歌っているんですが、原作があって、そのアニメの曲を作るというのは、もちろん自分の曲ではあるけれでも、"皆で一つのものを作っている"という感覚になれて、その喜びとか達成感もすごく大きいんです。 ただでさえそんな素晴らしい事なのに、一度携わって、自分にとってもとっても大事な曲になって、更に原作者の藤田先生にもお会いして色々お話を聞いていただいたり聞いたりしたうえで、もう一回、クライマックスに自分の曲を選んでもらえるなんて!! 前回は"しろがね"の曲でしたが、今回の曲は、勝の曲であり、鳴海の曲であり、もちろんしろがねの曲であり、何か一歩でも前に進もうとすることを止めない"からくりサーカス"のキャラクター全て、そして大好きな作品そのものに対しての私なりの賛歌です!!
-----------------------------------

楽曲のサウンドプロデュースは、前作「マリオネット」に続いて、世界各国に熱烈なファンをもつ気鋭のサウンドプロデューサー・TeddyLoid。
「マリオネット」からのストーリーを感じさせながら、さらに突き抜けた激情を感じさせる力強い楽曲となっている。






←BACK  | NEXT→